<   2017年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

CBR1000RR SP

昨日は、仲間が06?CBR1000RRから2017モデル CBR1000RR SPに、乗り換えました。
今日は、慣らしツーリングとことで、待ち合わせ場所へ顔出しに行きました。
a0187368_14184454.jpg

a0187368_14191505.jpg

a0187368_14193761.jpg

凄いなー(@_@)

慣らしとはいえCBRとの高速はキツイので、仲間逹を見送り、私はソロツーリングで帰路へ。
a0187368_14223699.jpg

a0187368_14230982.jpg


今日は、高速、ワインディングと200km走りましたが、昨日作業したステムの具合も、問題ありませんでした。
実は、初めての作業箇所だったので、少し心配でした(^_^;)


[PR]
by takatoshi104 | 2017-04-30 14:11 | SR400(終了)

ステム調整

a0187368_08245648.jpg


ステムから『コクッ』って音。

気になります(-_-;)

なので、ステムナットの締め付け調整。

ステムナットはダブルナットで、回り止めワッシャー付き。
回り止めがなければ、簡単に調整出来るのになぁ(-.-)
『回り止め部、曲がるかな?』
『グイ!』
『バキッ』
『え?』
a0187368_08291739.jpg

折れました(^_^;)

少し動揺しましたが、これでトップブリッジナットを少し緩めるだけで、ステム調整が出来ます(^^)

トップブリッジのナットと、フォーククランプボルトを緩めます。
上側ステムナットはロックナットなので、フックレンチで緩めます。
で、下側ステムナットを緩めたり締めたりしながら、ステアリングを動かします。
感と手応えを頼りに調整したら、下側ステムナットを押さえながら、上側ステムナットを軽く締めます。
トップブリッジのナットを締めます。
フォーククランプボルトを締めます。

作業終了(^^)

試乗すると…

ステアリングが、やや重い?f(^_^)

もう一度、調整して試乗。

ステアリングが軽く動き、ステムの音も無くなりました。

今回の作業方法なら、タンクを外さずに作業出来るので楽です♪

ただ、緩み止めが無いので、緩まないか心配ですが。
その時は、また調整します(*^^*)
[PR]
by takatoshi104 | 2017-04-29 11:24 | SR400(終了)

ステム付近から音が…

a0187368_08214704.jpg

油面調整で、強めにブレーキを掛けて、フォークが底付きしないか試していた時。
停止と同時に、ステム付近から『コツ』って音がします。

もうすぐ最初の車検で、走行距離も17000kmを越えました。
そろそろ、ステムナットの調整のころかな(-_-;)
[PR]
by takatoshi104 | 2017-04-29 08:48 | SR400(終了)

フォークアシスト、セッティング変更2 決まり!

前回、油面を下げて良い感じになった『旧型フォークアシスト』で、走り込みました。

フォークが良く動き、路面を綺麗にトレースしています。
ギャップでの突き上げも、あまり感じません。
15mm下がった油面の効果って、大きいですね。

ですが、ブレーキングでのフォークストロークが多く、ストロークの深いところで踏ん張る感じ。
また、コーナリングで旋回中のバイクの姿勢が前下がりに感じ、リヤへ荷重がのり難い感じです。

なので、2回目の油面調整です。
全伸び455mmから、450mmへ。

たった5mmの違いですが、不満は解消しました。
若干ですが、ソフトな感じは失いましたが、突き上げ感は無く、ストローク感はあります(^^)d

この仕様で、今年初の美山ショートツーリングへ!
タイトコーナーでも、高速コーナーでも、楽しく走れます(^^)
a0187368_14231992.jpg



昨年と違うのは、
サブコンによるパワー感!
WR250Xマスターシリンダーによる、制動力アップ!
フォークアシストによる、フロントフォークの追従性向上!

見た目、変わり無し(笑)f(^_^)


まとめ
フォークアシストを組んだ際は、油面調整で好みを見つけましょう(*^^*)
a0187368_14212414.jpg


[PR]
by takatoshi104 | 2017-04-23 16:56 | SR400(終了)

タイヤ BT-45 あるある

SR400オーナーで、タイヤ ブリジストン BT-45ユーザーって多いのでは?

タイヤサイドが中央より柔らかいコンパウンドで、コーナリング時のグリップとタイヤライフのバランスで、人気ですね。

で、走り込むと、タイヤの表面にコンパウンドの境目が見えてきます(*^^*)
a0187368_12213556.jpg


走行約6000km。
サイドの減りが、目立ちますf(^_^)
画像はリヤタイヤですが、フロントもサイドの減りが目立ちます。
ちょっと、タイヤのラウンド形状もイビツになってきました(@_@)
ツーリングで、タイヤ中央を減らさないと(笑)


[PR]
by takatoshi104 | 2017-04-18 12:14 | SR400(終了)

フォークアシスト、セッティング変更1 インプレ

フォークアシストを取り付け、フォークオイルのセッティング変更を行いましたが、走って来たのでインプレです(^^)

前回比較、フロントフォークスプリングのプリロードが-1.3mm。油面が-15mmです。。

バイクに乗車した際の沈み量が、増しました。
変更前のように、ハンドルの高さを感じません。
走りだしても、フォークが良く動きます。
ギャップでも、フォークは底付きしていません。

かなり、走りやすくなりました。
フォークアシスト組み込み前と比較して走り味が変わったので、当面は今の状態で走り込みます。
フォークアシスト組み込み前と同じペースで走る事が、出来ましたので、ストローク感は今で十分です。
フォークの動きが滑らかで、路面追従性はハイパープロのスプリングのみの時よりよく、減衰が効いてるのでフワつかないです♪

走り込んで、過不足を感じたいと思います。
で、改めて、インプレしますね♪

やっぱり、セッティングって大事ですね(^^)
それに、セッティングで、かなり評価変わります。

んー、バイクって面白い(*^^*)
a0187368_09151769.jpg

[PR]
by takatoshi104 | 2017-04-16 09:04 | SR400(終了)

フォークアシスト、セッティング変更1

前回、フォークアシストを組んで走ってみた感想は、フォークスプリングのプリロードが増した事による、フォークストロークの変化が気になりました。
1Gでのリバウンドストロークが少なく、走行時もストローク感が少ないかった。

なので、少しでもフォークスプリングのプリロードが抜き、油面を下げてストローク増を狙いますf(^_^)

プリロード減は、スプリングの座金をシムに交換。
座金厚1.6mm。シム厚0.3mm。プリロード1.3mm減。
気休め程度ですが、それでも減らしたくて(^_^;)
a0187368_08494292.jpg

a0187368_08504386.jpg


フォークオイルは、7.5CC抜きにより約15mm下がりました。
これで油面は、全伸び455mm。
フォークアシスト組み込み前との比較では、20mm下げたことになりました。

a0187368_08512786.jpg


さて、変化のほどは?

追記
今回の油面調整値については、各自で自己判断願います。
メーカー指定値とは、異なりますので。

アフターパーツを組み合わせてのセッティングは、推奨値を外れる場合もあります。
ある程度構造を理解して、安全に楽しみましょう♪
[PR]
by takatoshi104 | 2017-04-15 08:57 | SR400(終了)

フォークアシスト、走って来ました

今日は天気の回復が遅れ、昼から少し走って来ました。

まず走りだして感じたのは、『ハンドルが高い』。
そう、やはりプリロードが5mm掛かってるからなぁ…(^_^;)

でも、油面を少し低くしておいたので、ひどい突き上げは感じません。(ハイパープロのスプリングと、オイル20番時の様に)
とりあえず、『走れる』状態なので、軽くコーナリング♪

ブレーキング時、減衰が効いてるのがわかります。安心して、ブレーキを掛けることが出来ますね。
ですが、ブレーキ時の姿勢は、もう少し前下がりが好みかな?

ブレーキングからリーンにかけては、前下がり姿勢を保ちやすく、コーナリング初期の旋回が良いです。
以前は、伸び減衰が弱いので、フロントブレーキの操作でフロントに荷重を残していましたが、路面の状況によってはピョコピョコとフォークが動いてました(@_@)

コーナリング後半から立ち上がりでは、フォークが伸びる際に減衰が効いてるので、フロントが安定しています。

a0187368_17090303.jpg

フォークアシスト。旧型の積層シムタイプですが、効果ありますね。
ただし、今はセッティングの新たな『スタート』地点ですね。
少しプリロードを抜きたいし、油面も下げたいし。
減衰が良い感じなので、姿勢とストローク感を好みに近づけたいです。
姿勢、ストローク感は、フォークアシスト装着前の方が好みでしたので。

理想は、スプリングの張り感が無く、ストローク時に減衰を感じ、かつストローク感もある事。

これからのセッティングも、楽しめそうです(*^^*)
[PR]
by takatoshi104 | 2017-04-09 17:33 | SR400(終了)

フォークアシスト、取り付けました

さて、フォークアシストの取り付け準備も進み、いよいよ取り付けです。

まずは、フロントフォークの経緯を、整理します。

1、ノーマル

2、ハイパープロのスプリング、オイル20番に交換
(踏ん張り感があるが、突き上げを感じる)

3、オイルをヤマハG10に交換し、全伸び425mmでセット。ボアエースのフォークトップボルトに交換。
(突き上げ感がなくなったが、ストロークが少ない)

4、ストローク感を増すために、油面を425から5cc抜き、435mm相当へ。
(ストローク感があり、コーナリングが楽しくなったが…)

腕の力でフォークをストロークさせると、伸びストロークの際に1Gより戻り、『おつり』がある(^_^;)
スプリングの反力に、減衰が負けてるのか?

フォークアシストにより、改善なるか?

早速、組んでみましょう♪

まず、フォークトップボルトを外し、座金とスプリングを抜きます。
a0187368_16074668.jpg


アルミパイプとパイプ、シリンジをつなぎ、フォークオイルを抜きます。フォークを縮めると、ほとんど抜けます。あくまでも、「ほとんど」です。簡易な方法ですので、あしからず。
a0187368_16125249.jpg


オイルが抜けると、新しいフォークオイル『ヤマハ G5』を左右各約200cc入れます。
タイヤを掴んで、フォークをストロークさせ、エア抜きします。
a0187368_16171408.jpg

フォークアシストを取り付け工具を使って、インナーロッドに取り付けます。丁寧に作業すれば、難しくないです。時計回りに回して嵌まる感触があればインナーロッドに入った手応えです。工具を半時計回りに回して治具がフォークアシストから抜ける手応えがあれば、取り付け工具を抜き取ります。

a0187368_16214177.jpg

あとは、 自作油面調整です。
フォークアシストを取り付けてから油面調整しないと、フォークアシストの体積分、油面が変化しますからね。
油面。今では、全伸びで435mm。今回は、フォークアシストにてプリロードが5mm掛かりますから、油面を少し低く440mmとしました。

作業は、準備や片付けを除いて、約1時間ほどでした。

さて、フォークの感触は?

バイクを立てて、腕の力でフォークをストロークさせてみました。
いままでは、伸びで『おつり』がありましたが…(-_-;)

お!『おつり』を感じません(*^^*)
縮み側も、ストローク感もありそうです♪
ま、プリの張りを感じたら、スプリングの座金を薄いシムに交換して、プリを抜いてみるつもりです(^_^;)


作業が終わったら、雨が降ってきました。
あー、走られへんやんかぁ(T^T)
[PR]
by takatoshi104 | 2017-04-08 16:48 | SR400(終了)

フォークアシスト、取り付け準備

フォークアシストを取り付けるため、ボアエースさんで工具は入手しました。
ですが、他にも必要な物があります。

すでに用意したのは、
a0187368_15021836.jpg

取り付け工具に使用する、m8寸切りボルト。
1mで入手し、ホームセンターのセルフ工房で600mm程度にカット。
油面用に、Φ6アルミパイプ1mを、同様に650mm程度にカット。
内径6mmのホース。


あとは、オイル引き用のシリンジと、フォークオイル。

フォークオイルは、どれにしようかな?
a0187368_15012238.jpg

[PR]
by takatoshi104 | 2017-04-05 07:51 | SR400(終了)

CB750(RC42)で、楽しむ日々を紹介しています〈SR400FIから乗り換えました〉


by taka
プロフィールを見る