キャブか、インジェクションか

「キャブか、インジェクションか」

a0187368_17050802.jpg

良く、話題になりますね。

技術的には、間違いなく「インジェクション」でしょう。

気温や湿度に左右されずに、エンジンを始動出来るし。

厳しい廃ガス規制もクリアしているし。



でも、インジェクション車に乗ると、ネガを感じます。
それは、エンジン回転の低い所で、アクセルオンオフでのエンジンのツキが、自然でなかったり。
エンジンのトルク感が弱く感じたり。
エンジンからの熱が厳しかったり。


でも、これらは「今の厳しい規制をクリア」したからなのでは?


廃ガス規制をメーカー基準でクリアするために、ガソリン混合比が薄くなっている。
なので、アクセルの微細な開け閉めのレスポンスが不自然になりがちで。
エンジンの騒音を抑えるためにカバーが付けられ、薄い混合比はエンジンをヒートさせてしまう。



なので、キャブ車の頃の規制の無い(緩い)時代の基準で、今のインジェクション技術を投入するとどうなるか?
それは、素晴らしく乗りやすくなりそうな予感がします。

ただ、キャブでしか得られないものあったり。

キャブって、インジェクションに比べると、緻密な制御が出来ない。
緻密でないがゆえに、程よく「ぼやけた」セッティングになる。
それが、レスポンスを穏やかにし、乗りやすくもなっている。


インジェクションを数値だけでセッティングすると、機械的には完璧な物に仕上がるでしょう。
レスポンス良く、伸びも良く。

でも、乗りやすいのか?

アクセルを開けると、開けた分だけ加速する。

一見、乗りやすく思える。

案外、人間って思った通りに加速すると、身構えてしまう。

すると、『加減』してアクセルを開けてしまう。


それが、レスポンスが穏やかだと…

アクセルを開けても、イメージより加速が足りない。
なので、アクセルを躊躇せず開けることが出来る。
アクセルを開けることが楽しく、コントロールしやすい。

そんな、少しダルで、ボヤけてるキャブ車って、人間の感性に合ってると思う。
ただ、セッティングが出来ていればの話(笑)
セッティングの外れたキャブ車ほど、乗りにくいものはないから(^_^;)

今後のインジェクションセッティングって、如何にしてライダーの感性にリンクさせるか?に、なるんでしょうね。
それが出来れば、未来は明るいね。


インジェクションの緻密さも悪くないけと、キャブが悪い訳でもないって話でした(*^^*)


この話は、長年キャブ車に乗り、純正キャブだけでなく、FCRとTMRを経験した私が、インジェクション車を経験して感じた事です。
インジェクション車ばかりの車歴でキャブ車を乗ると、どう感じるのでしょうね(@_@)







[PR]
by takatoshi104 | 2018-06-30 15:57 | CB750(RC42)

CB750(RC42)で、楽しむ日々を紹介しています〈SR400FIから乗り換えました〉


by taka
プロフィールを見る