フォークアシスト、取り付けました

さて、フォークアシストの取り付け準備も進み、いよいよ取り付けです。

まずは、フロントフォークの経緯を、整理します。

1、ノーマル

2、ハイパープロのスプリング、オイル20番に交換
(踏ん張り感があるが、突き上げを感じる)

3、オイルをヤマハG10に交換し、全伸び425mmでセット。ボアエースのフォークトップボルトに交換。
(突き上げ感がなくなったが、ストロークが少ない)

4、ストローク感を増すために、油面を425から5cc抜き、435mm相当へ。
(ストローク感があり、コーナリングが楽しくなったが…)

腕の力でフォークをストロークさせると、伸びストロークの際に1Gより戻り、『おつり』がある(^_^;)
スプリングの反力に、減衰が負けてるのか?

フォークアシストにより、改善なるか?

早速、組んでみましょう♪

まず、フォークトップボルトを外し、座金とスプリングを抜きます。
a0187368_16074668.jpg


アルミパイプとパイプ、シリンジをつなぎ、フォークオイルを抜きます。フォークを縮めると、ほとんど抜けます。あくまでも、「ほとんど」です。簡易な方法ですので、あしからず。
a0187368_16125249.jpg


オイルが抜けると、新しいフォークオイル『ヤマハ G5』を左右各約200cc入れます。
タイヤを掴んで、フォークをストロークさせ、エア抜きします。
a0187368_16171408.jpg

フォークアシストを取り付け工具を使って、インナーロッドに取り付けます。丁寧に作業すれば、難しくないです。時計回りに回して嵌まる感触があればインナーロッドに入った手応えです。工具を半時計回りに回して治具がフォークアシストから抜ける手応えがあれば、取り付け工具を抜き取ります。

a0187368_16214177.jpg

あとは、 自作油面調整です。
フォークアシストを取り付けてから油面調整しないと、フォークアシストの体積分、油面が変化しますからね。
油面。今では、全伸びで435mm。今回は、フォークアシストにてプリロードが5mm掛かりますから、油面を少し低く440mmとしました。

作業は、準備や片付けを除いて、約1時間ほどでした。

さて、フォークの感触は?

バイクを立てて、腕の力でフォークをストロークさせてみました。
いままでは、伸びで『おつり』がありましたが…(-_-;)

お!『おつり』を感じません(*^^*)
縮み側も、ストローク感もありそうです♪
ま、プリの張りを感じたら、スプリングの座金を薄いシムに交換して、プリを抜いてみるつもりです(^_^;)


作業が終わったら、雨が降ってきました。
あー、走られへんやんかぁ(T^T)
[PR]
by takatoshi104 | 2017-04-08 16:48 | SR400(終了)

CB750(RC42)で、楽しむ日々を紹介しています〈SR400FIから乗り換えました〉


by taka
プロフィールを見る