WR250X用 マスターシリンダへ交換

中古で入手した『WR250X』用マスターシリンダのオーバーホールが終わったので、SR400のノーマルマスターと交換します。

その前に。
SR400のマスターシリンダのピストンサイズは、14mm。
WR250Xのマスターシリンダのピストンサイズは、1/2(12.7)mm。

SRは、シングル片押し2ピストンキャリパーには、マスターサイズが14mmと大きめです。
14mmは、一般的にはシングル4ピストンキャリパー向けです。
なので、『マスターシリンダの最適化』を考えていました。


では、
交換前後の画像を。
a0187368_10100437.jpg

a0187368_10102174.jpg

リザーバータンクが、小さくなりました。
パッと見ノーマルは、私好み(笑)

上からの画像。
a0187368_10103624.jpg

レバー形状も異なります。
私には、指が掛けやすいレバー形状です。

作業して解った事として。
ブレーキスイッチは、SRノーマルが使えました。
レバーのラバーは、SRとWRは共通部品です。

ヤマハ純正流用なので、ミラーも今までの物が使えました。

今回、ブレーキホースはノーマルです。
黒のメッシュホースも考えましたが、マスター単体の効果が解りにくいので(^_^;)


次は、インプレですね♪
[PR]
by takatoshi104 | 2017-02-18 15:46 | SR400(終了)

CB750(RC42)で、楽しむ日々を紹介しています〈SR400FIから乗り換えました〉


by taka
プロフィールを見る